会社設立にはデメリットも

株式会社設立をすることにはデメリットもあります

株式会社設立をすると、節税効果があることや、社会的な信用を得られるというメリットがありますから、それを考えて是非株式会社設立をしたいと考える人は多いのではないでしょうか。
代表取締役という肩書きが欲しいという人にとってもメリットは大きいと考えられます。
しかし、デメリットがあると言うことも頭に入れておくべきでしょう。

では、具体的にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
まず、費用がかかることが挙げられます。
株式会社設立をすること自体に費用がかかることはすでに多くの人が知っていることではないでしょうか。
それとともに資本金を用意しなければなりません。
資本金の金額に対する規制はありませんから、法的にはあまり多くなくて良いのですが、それでも300万円から1,000万円くらいはあった方が良いでしょう。
それだけの資産がないと設立できないという点に注意が必要です。

節税効果があると言われることが多いですが、赤字の場合には逆に効果はありません。
株式会社設立をすれば法人住民税を支払わなければならず、これは赤字でも支払わなければなりません。
個人事業であれば赤字の時に税金を納める必要はありませんが、会社であれば赤字でも最低7万円の税金を支払わなければならないというデメリットがあります。
節税効果を得るためには、もちろんですが税務申告をきちんと行わなければなりません。

そのためには、帳簿をきちんとつけなければなりません。
複式簿記で帳簿をつけていかなければならないのですが、そのためには労力も時間もかかります。
専門家に依頼すれば良いのですが、個人事業の場合よりも支払う費用が増えてしまうというデメリットもあります。
他にも、株主総会を開催しなければならなかったり、決算公告が求められたり、事務的な負担も大きくなります。

このように、株式会社設立をするのにはいろいろなデメリットがあることは頭に入れておくべきでしょう。
あまりにも事業の規模が小さい場合には、株式会社設立をしない方が良い場合もあります。
ただ、ある程度の規模になってくるとメリットが大きくなってきますから、設立する方が良いです。
その規模についてはそれぞれの事業によって異なりますが、よく言われる目安は所得が400万円か、あるいは売り上げが1,000万円です。

個人事業を行っている人であっても、長年やっていればこれくらいの水準になることは珍しくはありません。
ですから、株式会社設立をした方が良いと思われる人は、すでにたくさんいると考えられます。

最新記事

  • 株式会社設立に簿記の知識は必要か 株式会社設立をすれば経理処理を行わなければなりません。 そのために簿記を勉強 …

    簿記の知識は必要か